病院

大切な早期発見

病院

HIVへの感染した場合は、早めに治療を始めることが大切です。治療を始めるのが遅れてしまうと、生活が不便になっていきます。生命予後にも影響を与える可能性も高いので、早めに治療を始めること必要があるのです。現在では、エイズを発症させてしまった人の約30%が、HIVに感染していると報告されています。エイズの発見が遅くなってしまった場合、その後の予後は約2年から3年となっています。発症後の治療も可能ですが、治療の効果は発症前に比べると低くなる可能性が高いです。エイズを発症させる前に感染を知ることが出来れば、医療機関で定期的に診てもらい検査をしてもらえます。発症する前の無症候期に感染を知れば、治療を始めるのにもっとも適した時期となるのです。早期発見することは非常に大切であり、エイズ検査を行うことで早期発見に繋げられます。

エイズの患者は、世界に約3300万人いると報告されています。初めてのエイズ患者は1981年で、世界で多くの人数が感染しているのです。サハラ以南のアフリカが一番多く2200万人で、東南アジアやラテンアメリカ、北アメリカでも何百万人も報告されてきているのです。東アジアは日本が含まれる地域であり、年々エイズ患者は増えている傾向に見られています。中でも男性の感染患者が多く、性的な接触によるものが大きな感染経路です。感染を防ぐためは、性的な接触を行う際にしっかりコンドームを使用することが大切です。使用するかしないかで感染の確率は大きく左右されますので、しっかり使用した上で性的な接触はしましょう。万が一感染した疑いを感じた人は、エイズ検査で早めに検査をすることが重要です。HIVの感染によるエイズの進行を防ぐためにも早期発見で、適切な治療を行ない体を守りましょう。